インフルエンザの予防接種は本当に効果があるのか?

インフルエンザの予防接種は本当に効果があるのか?


ご訪問いただきありがとうございます。

管理人のジェイと申します。よろしくお願い致します。

インフルエンザ予防接種,インフルエンザワクチン,インフルエンザ

当サイトでは管理人の実体験に基づき

100%安全なサイトのみご案内しております。

インフルエンザ予防接種,インフルエンザワクチン,インフルエンザサイト更新のご案内Twitter/Facebook/Instagram ※自己紹介
最新/優良出会い系サイト&アプリトップ10を更新中
【登録はこちらからできます】

インフルエンザ予防接種は本当に効果があるのか?

インフルエンザ予防接種,インフルエンザワクチン,インフルエンザインフルエンザ予防接種

人間の身体は、本来優れた免疫機能を備えていて

 

 

一度ウイルスに感染すると、そのウイルスを排除する働きをもつようになります。

 

 

この、異物を身体から排除する働きをもつことを、抗体を作るともいいます。

 

 

 

このため、次に同じウイルスが入ってきても

 

免疫機能が働き、感染症になることを防いでくれるのです。

 

 

インフルエンザ予防接種はこの働きを利用して

 

身体の中に、わざとウイルスを入れて抗体を作るためものです。

 

 

しかし

 

 

インフルエンザの予防接種をしたにもかかわらず

 

インフルエンザになってしまった

 

 

このような話を聞いたことがある方や

 

実際に自分や家族が体験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

私の周りには、結構いらっしゃいます。

 

 

 

インフルエンザ予防接種は、本当にに効果あるのか?

 

 

結論は

 

インフルエンザワクチンは「発症」と「重症化」を抑える効果はありますが

 

 

残念ながら、「感染」を防ぐ働きはないのです

 

 

インフルエンザワクチンには発症を抑え

 

合併症や死亡などの重症化を防ぐ効果は認められています。

 

 

しかし

 

インフルエンザ予防接種には、感染自体を予防する効果はないのです。

 

 

 

そして、効果は接種から2週間~5カ月程度なのです。

 

 

流行するウイルスも、その年ごとに異なるため、毎年接種は必要になります。

 

 

また

 

子供や今までインフルエンザに感染したことがない方は

 

ワクチン量の少ないものを、1シーズンに2回の接種をする場合もありますが

 

 

感染したことがない人は、抗体が作られにくいという理由のためです。

 

このために、2回の予防接種が推奨されているそうです。

 

 

 

 

私も過去に感染した経験がありますが

 

その当時は、現在のような抗生物質がなかったので

 

本当に苦しくてつらい思いをしました。

 

 

前日まではとても元気で

 

 

朝、ちょっとおかしいなあと思う程度だったので、普通に過ごしていました。

 

 

夕方ころから寒気がして関節が痛くて、食欲がなく、熱を測ったら

 

39度5分もあり、3日くらい続きました。

 

 

その後はゼイゼイと咳が出て、完璧に抜けるまでは10日間くらいかかった記憶があります。

 

 

 

今は感染しても、専用の薬が処方されるので、苦しまなくても大丈夫になりました。

 

でも油断は禁物です。

 

 

 

体調を崩してしまうと、精神的にもめげるし悪循環に陥ります。

 

 

やはり健康が何より大切ですね。


関連ページ

ガン死亡率ワースト1は青森県
人口10万人あたり何人ががんで命を落としたかを示す「がん死亡率」で、青森県が98.0と全国最悪だったことが国立がん研究センター(東京都)のまとめで分かった。

18歳未満の方


ホーム RSS購読 サイトマップ
緊急時のED対策&Hテク モテる魅力的な男の行動 ヤレル出会い系TOP10攻略 セフレ量産,多くの女とSEX 早漏改善法,女を悶絶⇒セフレに